免責事項
会社概要 商品案内 業務内容 理科室 保健室 視聴覚室 八百屋のYAKUZEN 社長ブログ

商品案内→根菜→


宮崎県都城市産 特別栽培 風土の土付きらっきょう

宮崎県都城市
(株)風土 濱口 陽行 他
特別栽培農産物
露地
らくだ
取扱: 5月〜6月末

人はもっとらっきょうを食べた方が良いと考えた事が切っ掛けです。これから益々人が健康を脅かされる機会が増えてくるような気がします。  そんな時、今まで私たちが薬味に使ってきた大葉やネギ・生姜、保存食として使ってきた梅干しやらっきょうを食べる文化は、長年掛かって先人が構築した知恵だったのではないかと思い始めました。

私自身が土付きらっきょを掃除してみました。そんなに面倒は無く、頭と根を料理バサミで落とすと簡単でした。  それから、ひょいひょいと皮を剥いて水洗いしてしまえば、それで終わりで、手間がかかるという意味では洗いらっきょの塩抜き手間と大して変わりはありません。

また、売り場での芽の伸びるメンテナンスも、実は6月に入れば完熟して、ほとんど伸びることはありません。味もその方が良くなるので、その時期の仕掛けがお勧めです。

栽培の特徴、こだわりについて、他産地とのちがい

栽培者自身が納豆菌、乳酸菌、イースト菌等を培養し、発行液肥を作っています。
この菌と微生物の共生がらっきょうの栄養と美味しさに繋がっています。

産地、土地の特性、特徴

気になる農薬の使用状況は、定植時に除草剤を一回だけ撒きます。
出来れば無農薬にしたいので、今後農家との話し合いを進めます。



栽培履歴を見る

copyright(c) 2003-2020 Alphar Co.,Ltd.