免責事項
会社概要 商品案内 業務内容 理科室 保健室 視聴覚室 自社農場 社長ブログ
理科準備室

抗酸化物質の多いミニトマトを作ろう!

2016/10/5



この理科室では、昨年初めから1年半、トマトのカロテノイドの測定、 
保健室で、 ミトコンドリア、フリーラジカル、抗酸化物質 を考えてきました。
一方、今年ヨーロッパで、有機農産物の抗酸化物質が増える原因の研究結果が発表されました。
有機栽培は、慣行栽培と比べ、水と窒素などの不足というストレスで、対抗メカニズムが活性化し、抗酸化物質が増えるという事です。
だから、慣行栽培と比べると、有機栽培では抗酸化物質が多くなるのです。
これを利用し、ミニトマトを実験的に栽培して、抗酸化物質の多いものを作ってみようと思います。
題して 「フリーラジカルをぶっとばせ」 と言いたいのですが、今から寒くなる季節で、収量が期待できず、ぶっとばすとは程遠い量しかできないと思います。
まあ、やってみます。
① 化学肥料を与えるもの
② 無肥料のもの
③ 水をストレスなく与えるもの
④ 水をあまり与えないもの
4つのプランターを 事務所内の窓際に設置し、栽培しようと思います。
うれしくて、毎日全部に水をやらないように、注意して育てます。
収穫できましたら、 抗酸化物質のカロテノイドのリコピン、ベータカロテンと 硝酸態窒素を測定します。



来年の課題

2015/12/29

昨年12月から始動した理科室。「機能性表示」制度が 始まり、カロテノイドを測定する事と、ホームページで理科室をやって行く事で、やってきました。早いもので、1年経過しようとしています。
 次のステップとして、打ち出そうとしているテーマは、「健康長寿」。 カロテノイド、硝酸態窒素測定から、世界を大きくしただけなのですが、健康で長生きできる事は、人間の永遠のテーマです。どんなものを食べていくか、どのように生活していくかを 考えていきたいと思います。
きっかけは、スーパーフードの本を読んで、「フリーラジカル」という言葉が、引っかかり続け、一方でスロージューサーで、ビーツジュースや、ざくろジュースを作っていました。どんどん健康志向にはまっていきました。いろいろと本を読み、勉強して、この世界感を、繰り広げたいと思っています。


当麻有機とまとと清見とまと カロテノイド測定

2015/8/12

 

取扱いのトマトは、是非、測定したいと思い、 盆の忙しい時期ではありますが、測定しました。
本日は、トマトの結果について、いろいろ書いていきます。

大玉とまとの前に、ミニトマトの結果について。
7月末にミディとミニトマト 4種を測定し、公開しています。
結果は、大玉と比べて、高い数値を示しています。
味は、みにとまとは、糖度が高く、濃いので、当たり前といえば、そうですが、
食べてみた味、と同じ結果となっています。
中玉のアグリオーレで リコペン 8009、 βカロテンが768
大雪ミニトマトが リコペン 8078、 βカロテン 842
とままえのキャロル10 が リコペン6373 で、 βカロテンが 1017 と、カロテンが特に高い数値。
どれも、大玉は、3千から5千の領域ですが、 7千、8千の領域の違う高さです。

そして、大玉は、
本日の当麻有機とまとが リコペン 5404、βカロテンが438。
清見とまとが リコペン 3408、βカロテン 147。

画像をだしていますが、当麻の方が赤い色が濃く、潰した液も赤色が濃いです。
やはりカロテノイドは色素ですので、赤い色が濃い方が数値が高くなりました。

実は2日間事務所に常温で置きっぱなしになっていたので、熟度が増していたかもしれません。
再チャレンジして、データを取る必要があるとは思います。

今までのデータを見ると、
4月に池さんのおにとまとを測定しましたが、これは、2個のとまとが合わさったようなとまと。
中身も2個分。リコペン 13000と、βカロテン1800の値は、驚異的でした。
フルーツ系、塩とまとは、リコペン 5000位あり、
池さんのとまとは、リコペン 6800あったのも、さすがに高いなぁといわざるをえないです。

普通のとまとは3千~5千で、高いものは、もっと高くなるという感じでしょうか。

今後は、熟度が進むと、数値が高くなるので、
入荷して、1,2日で、なるべく、熟度が進まない様(冷蔵)に保存して、測定するようにします。

測定値は、安定はしてきているようです。



四万十源流 特別栽培 生姜と赤生姜 の6-ジンゲロールと6-ショウガオール 分析結果

2015/4/8

分析機関に出して、検査結果が返ってきました。

生姜の方が、   6-ジンゲロール 76mg/100g、   6-ショウガオール   0.5mg/100g
赤生姜の方が、  6-ジンゲロール 69mg/100g、   6-ショウガオール   0.4mg/100g
(高速液体クロマトグラフ法 液体クロマトグラフ質量分析法)
という結果でした。



今回、いろいろ調べて見ました。
ジンゲロールは、収穫後すぐの方が、多く検出されるだろうという事。
一方、ショウガオールは、新もののときはほとんど存在しないそうです。
保管し、乾燥、加熱で、ジンゲロールがショウガオールに変換するという事がわかりました。
ショウガオールが検出されているという事は、
すでにジンゲロールが、変換してショウガオールに代わっていた事になります。

分析を自社でできるようになれば、何度か、測定してみたいところですが、
分析料がかかることですので、次にだすのは、収穫後のタイミングという事になります。

品種については、 ジンゲロール、ショウガオールは、小型の品種の生姜の方が含有量が多いそうです。
金時生姜や、谷中生姜が、小型の分類です。
この四万十源流生姜と赤生姜は、 大型の生姜です。

ちなみに、
永谷園さんの生姜部の「生姜の基礎知識」で紹介されている生の生姜のジンゲロールとショウガオールが、
弊社の生姜の結果の単位に換算すると、
ジンゲロール 57mg/100g、  ショウガオール 0.8mg/100g
です。


塩とまと カロテノイド 糖度測定

2015/3/27

熊本の塩とまとを測定しました。
2サンプルで、測定しました。
糖度は、果肉とゼリー部分と分けて測定しましたが、2個の個体、逆の結果がでてしまいました。

Aが 果肉 9度 ゼリー部 10度に対して
Bは、果肉10度、ゼリー部 9度でした。

リコペンは、4562μg/100g、
βーカロテンは184μg/100g でした。

ヘキサン、アセトンを合わせてからの蒸発を避けて、すぐに測定し、光に弱いカロテノイドを、暗いところで測定しました。
結果は、リコペンは、高い数値です。
ベータカロテンが低い値が気になります。
計測の精度をあげようとは思っていますが、各データのバラつきが大きいです。

糖度のページでは、福井県のほっこり金時、青森県の山崎さんにんにくの糖度を、部分を分けて測定しました。
ご覧ください。
サツマイモは、上部、つまり、つながっている方が 糖度が高く、
ニンニクは、下の根の方が、甘いという事になります。




ライマン価測定 鹿児島県 沖永良部島 新じゃがいも
ライマン価 14

2015/3/4



前回ライマン価(でんぷん価)を測定したのは、2011年でした。
塩水につけて、浮いてくるときの塩水の比重で、ライマン価がわかります。
(前回以前は、比重を計算してライマン価を出していました。)
これからは、もう少し、ライマン価の測定を熱心にやっていこうと反省しています。

品種デジマは 一般のもので、ライマン価は 9~11 程度です。(男爵で14くらい。)
男爵より、でんぷん質は、少ない品種なのですが、
この上村さんのデジマのライマン価は14 でした。
でんぷん質の高い良いじゃがいもです。



有機 あゆみトマト測定

2015/2/12



熊本県産 あゆみトマトを測定しました。 
3個のトマトからそれぞれ2つの試料を採取して、1つの試料から4本づつ
試験管にとり、吸光度を測定しました。データを多くとって、測定誤差をなくし、より正確な値を出そうという事でした。
実際、ばらつきは大きく、次回からは、1個のトマトから6つのデータを出そうと考えています。
測定中、有機溶媒が減ったように見えました。それは、蒸発によるもののようです。 

光に弱いカロテノイドだそうで、リコペンもカロテンも、クロロフィルも、暗くする工夫が必要です。
その上で、有機溶媒は揮発性が高いので、1つ抽出してはその都度、吸光度を測定をこころがけたいと、思います。
その観点からいうと、この測定は、まだまだです。

ジェネレーターシャフトののホモジナイザーを購入しようと探しています。

カロテノイド 初測定

2015/1/21



昨日、カロテノイドを測定しました。
池さんのとさいずまとまとを、測定。糖度が9.1度という高糖度のとまとです。

まず、このために購入したハンドミキサーで、トマトをつぶしました。(上の左の画像)。
次にアセトンとヘキサンを4ml、6mlと計測して、 
ホモジナイザーに、トマト試料1gと、アセトン、ヘキサンを合わせていれ、均一化しました。(上の真ん中の画像)。
すこし、放置すると、沈殿してきます。
次に液を試験管に移し(上の右の画像)、 
分光光度計で663nm、645nm、505nm、453nmの吸光度を測定しました。
その後、計算式で計算します。

結果は、
クロロフィルa 6520㎍ (マイクログラム)、
クロロフィルb 5054㎍、
リコペン 6320㎍、
β-カロテン 2476㎍ 
でした。

β-カロテンは 食品成分データベース(文部科学省)では、 540㎍でしたので、
池さんのとまとは、2476㎍で、4.5倍以上あったことになります。
一般とまとが、リコペン、クロロフィルなど、どれくらいの量なのかを、調べていきたいと思っています。

数値報告は、理科室のカロテノイドのページを作成し、公開していきます。

理科準備室 始動

2015/1/15




現在、カロテノイドを測定しようと、準備を進めています。
計測機器の購入、測定方法の確認などで、ようやく骨格ができてきた感があります。

独立行政法人 農研機構の野菜茶業研究所という研究機関が公開している
測定方法と計算方法で、トマトのクロロフィルa、クロロフィルb、リコペン、β-カロテンを測定していこうと考えています。

そもそも、カロテノイドは、高速液体クロマトグラフィーで高圧に加圧して測定する方法が一般的で、
分析機関が分析してくれますが、自分たちでできる方法を、探しました。

その方法とは、分光光度計でトマトの吸光度を測定して、
計算式でそれぞれクロロフィルa、クロロフィルb、リコペン、β-カロテンを導き出します。

簡単にご説明しますと
トマトの試料をアセトンとヘキサンに混ぜ合わせ、その吸光度を測定します。

計算式   β-カロテンの濃度 (mg/100ml) = 0.216A663-1.22A645-0.304A505+0.452A453
(ただし、A663、A645、A505、A453は、それぞれ 663nm、645nm、505nm、453nmの吸光度です)
(1ナノメートルは、1 nm = 0.001 µm = 0.000001 mm)

なので、この663nm、645nm、505nm、453nm 4種類の吸光度を測定するわけです。

有機溶剤(アセトン、ヘキサン)を使用した事のない素人ですので、慎重に進めていきたいと思っています。



copyright(c) 2003-2015 Alphar Co.,Ltd.