免責事項
会社概要 商品案内 業務内容 理科室 保健室 視聴覚室 自社農場 社長ブログ

商品案内→フルーツ→


福岡県うきは市産 太秋柿・富有柿

福岡県うきは市うきは町・吉井町
三浦農園 他
慣行
露地栽培
西村早生・松本・早秋・富有・太秋
取扱:9月中旬〜12月初、
冷蔵 12/初〜2月末

うきは市の三浦農園さん。 三浦さん。
出会いは、3月東京のFOODEXのセミナーの帰り、
ブースに、季節外れの柿が並んでいました。
冷蔵の柿は、美味しかったです。

なぜかシャインマスカットが美味しいとか、ブドウの話で、盛り上がりましたが、
旬の「柿」を是非食べてみたいと思い、思いは通じるのか、
ブドウの始まる8月に、きれいな暑中見舞いを頂きました。

そこで、 8月に 行ってきました。
なるほど、美味しい柿やブドウができる地形でした。
どこにでも、あるようでも、どこにもない、土地がそこにはありました。

耳納連山の麓に広がる扇状地で、水はけの良い土地。
日本有数の微風地帯。
丘陵地の為、1年を通して、冷えすぎない温暖な気候。
適度な夕立。
阿蘇の火山灰層を挟んだ帯水層で不純物がろ過され、ミネラル分の豊富な美味しい水。

いろんな地形条件が、フランスのワイン産地のボルドーやアルザスとよく似た、
日本では、めずらしい地形だという。

参考:うきは市の「うきはテロワール」

全国的に有名な、柿の産地だとは、全く知らず、
それが 九度山の道上さんから聞いていた
 「どうしても味で負ける吉井町の柿」だと後で、知りました。





copyright(c) 2003-2016 Alphar Co.,Ltd.