免責事項
会社概要 商品案内 業務内容 理科室 保健室 視聴覚室 自社農場 社長ブログ

商品案内→菌茸→


まいたけ

大阪府泉南郡熊取町
西川成史
栽培概要
空調ビン栽培
山越T−1
取扱:周年

  西川さんのまいたけは一言で言えば、みずみずしく風味と歯ごたえが一味違います。その美味しさの秘密は、栽培に使われるオガクズによります。自生のまいたけに近い味を目指し、オガは原木椎茸の栽培に使用された、原木の廃材のみを利用しています。まいたけの味はこのオガとフスマと水の割合で決まるため、調合するのが一番、神経を使うそうです。(その日の気温・湿度によって微調整が必要)  また、収穫後のオガは近隣の牧場で牛糞とまぜられ、良質の肥料として利用されており、ごみを出さない栽培ともいえます。

  熊取町は大阪南部に、関西国際空港を有する泉佐野市に隣接した小さな町です。南方に和泉山脈を有し、大阪湾や淡路島を一望できる自然豊かな所です。そのなかで、西川さんは、岐阜県などでまいたけ生産の勉強をされ、地元大阪で大量生産とは異なる人の手が行き届いた、まいたけの生産を平成13年から始められました。家族規模で栽培されている「まいたけ農家」は、全国的にも少ない。大量生産では作れない、味わいがあります。
余談ですが、今では普通に購入できるまいたけは、かつては幻のキノコと呼ばれるほど珍しく、見つけた人が舞い上がって喜ぶことから、名づけられたと言われてるほど、希少なキノコでした。

  まいたけごはん、味噌汁、てんぷらがお薦めです。そのほかに炒め物や鉄板焼きなどでお召し上がりください。

栽培履歴を見る


copyright(c) 2003-2012 Alphar Co.,Ltd.